借金を減らしたい

男性

債務整理の手続きの中でも任意整理は、裁判所を介さずに弁護士が債権者と減額交渉する手続きなので家族や会社に内緒で手続きをすることができます。任意整理は督促がストップし、借金が減額されますが、取引期間の長い人は借金がなくなり過払い金が戻ってくるケースもあります。

詳しく見る

法的手続きの1つです

法律書

借金の返済ができないときの解決手段の1つに、任意整理があります。債務整理の一種で、法律で決まっている利率よりも高い金利を支払っていたときに利用できる手続きです。法定利率に計算をし直して、借金額を減らして返済をしていきます。

詳しく見る

無料で専門家に相談できる

相談

借金が増えて困っているときには、専門家に相談して任意整理で解決できるケースがあります。任意整理は過払い金を解消して、法律で認められている金利で借金の返済を行う手続きです。最近は無料相談を行っている法律事務所が多く、時間制限などルールが決まっています。

詳しく見る

電話やメールで相談する

ジャッジガベル

借金の返済ができないときに弁護士に依頼をすれば、任意整理の方法を提案してもらえることがあります。弁護士に相談する方法は、電話やメールを使う方法が一般的です。無料相談をしている法律事務所ならば、何回か話をしてから正式な依頼を行えます。

詳しく見る

督促をストップさせる

男女

任意整理は、借金を減額させて原則3年以内長くても5年程度で完済ができるように返済計画を立て直す手続きです。基本的には、弁護士に依頼して手続きを行います。個人でもできますが弁護士に依頼することで督促はストップしますし、手続きもすべて代行してくれます。

詳しく見る

弁護士に相談して解決

相談

借金減額させる

今抱えている借金を早く完済したい、おまとめローンや借り換えローンを利用してみる方法がありますが、金利が下がるといっても下げ幅が低いのであまり変わらない、それであれば弁護士に相談をしてみることです。弁護士に相談をすることで、任意整理で法的に借金を減額させる方法があります。減額された借金を一括または分割で支払う手続きなので早期に完済を目指すことができます。借金が減額できる根拠は、特に消費者金融との取引が長い方であると利息制限法で定められた上限金利15%〜20%を超えた金利で借入れをしていた時代がありますので、この法律の上限を超える金利で発生した利息は違法な金利で支払った利息であり本来支払う必要のないお金なのです。払い過ぎた利息があれば、それを借金から減額させることができるのです。任意整理で大幅に減額された借金を一括で、一括完済が難しい場合は分割で原則3年以内に完済ができるように返済計画を立て直します。デメリットとしては信用情報に事故がついてしまうことです。任意整理で事故がついてしまうと、クレジットカードや新たにローンを組むことができなくなります。事故が付くのが嫌だからといって何もしないでいると今抱えている借金はいつ返し終わるか分からないです。事故が付くといっても5年程度です。期間経過すれば情報は削除されます。そのため任意整理で減額された借金を早期完済したほうがメリットのほうが大きいのです。