督促をストップさせる

男女

早めの相談

借金の支払いが遅れていて、毎日督促の電話や督促状が送られて精神的にも追い詰められている、そういった方は法律事務所に相談をすることです。法律事務所に借金の相談をするメリットですが、正式に受任することが決定すれば債権者である消費者金融会社に対して受任したことをFAXや文書で知らせます。すると、債権者は直接債務者に督促することができなくなるのです。債権者との間に弁護士が介入してくれますので、督促をストップさせることができるのです。そして、弁護士が債権者と減額や返済計画について交渉をしてくれます。任意整理といいます。任意整理は、特に消費者金融と10年以上取引をしている人には有利な手続きです。金利が29.2%に近い契約で取引をしていると、過払い金が発生している可能性があります。利息制限法以下の15%〜20%に引き直し再計算し払い過ぎた利息分があれば減額ができます。では、任意整理をしても取引期間が短い人であると減額できる根拠としては乏しいです。それでも、将来発生する利息はカットした形で分割で返済をしていくことはできます。ですが、これまで発生している利息と元金を併せた金額が債務確定額となります。つまり、相談する時期が遅いとそれだけ利息が膨らんでいることになりますから、早めに弁護士に相談をして任意整理の手続きを開始することです。任意整理は、個人再生や自己破産と異なり裁判所を介せずに交渉できますから会社や家族に知られずに手続きできます。