法的手続きの1つです

法律書

借金額を減らせます

借金問題の解決手段の1つに、任意整理の手続きがあります。借金が大きくなった場合には、法律家に相談をして債務整理を行うことが一般的です。弁護士などの専門家に依頼するときは、破産するしかないと考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。債務整理は1つの種類の手続きしかないわけではなく、いくつかの方法を選べる可能性があります。任意整理は債務整理の一種で、金融業者から借り入れをしていたケースで適用できる場合があります。借り入れの取引を開始した時点に遡る手続きで、法律で定められている利率を超えて返済しているときに適用できます。高い金利で支払いを続けていた場合に、利息制限法に基づいた利率に計算をし直して、借金の総額を返済可能な金額に減らします。自己破産とは異なり、裁判所を経由しない法的手続きなので、直接的に借り入れ先の金融業者と交渉する点が特徴です。そのために法律の知識を持たない一般の人が交渉をすることが難しく、弁護士に依頼して交渉を代行してもらったほうが安全です。金融業者の中には一般人とまともに交渉しない企業も存在しますので、専門家であれば適切に処理が行えるメリットがあります。任意整理では高い金利分をカットして、借り入れ金額に適切な金利での和解を行いますので、借金そのものが無くなるわけではないです。和解案で成立した内容に沿って、計画的に返済を行います。任意整理を成立させるためには、毎月安定した収入を得ていることが条件です。和解案で決まった借金を支払う必要がありますので、全く返済能力の無い人であれば破産を選択するしかありません。